食欲抑制剤は、現在では個人輸入を行うことが可能です。
リデュースなどは、その代表的な食欲抑制剤であり、インターネット通販で購入することが可能です。

しかしながら、厚生労働省が承認していない医薬品を個人的に輸入しているという後ろめたさを利用して、本物とは全く違った偽物をリデュースとして販売している悪徳業者も存在しています。

そもそも国内では承認されていない医薬品ですから、本物を見たことがあるという日本人は、当然に少ないわけです。
海外でのみ販売されている医薬品を日本人が把握し、見分けるのは難しい。
だからこそ、こういった詐欺行為が横行しているのです。

ここではリデュースの偽物を見分ける方法を紹介していきましょう。

 

シブトラミンが主成分であること

リデュースは、シブトラミンという成分が主成分になっています。
まず偽物と本物の見分け方の1つとしては、主成分がシブトラミン以外のリデュースは、偽物以外の何者でもないということです。

主成分の明記なんてどうとでもなると思われている方もいらっしゃいますが、大きな目のふるいがけの最初の段階して覚えておきましょう。

 

刻印とホログラムを参考にする

偽物のリデュースと本物のリデュースの見分け方としては、やはり刻印であったり、ホログラムといったものを参考にするということです。

現在では、海外でのみ販売されている商品の画像なども、検索をかければヒットしますし、確認をすることが可能です。

そういったもので本物のパッケージデザインはどういう風になっているのかを確認して、それと同じようなパッケージの商品を選ぶべきです。

その際に参考になるのは、刻印であったり、ホログラムになります。
こういったものを参考にしていきましょう。