食欲抑制剤にも使われているナリンギン。
分かりやすくいえば、グレープフルーツのあの苦味を感じるのが、この成分だと言われています。

ポリフェノールの一種であり、特に果肉の部分に含まれているわけですが、ダイエット効果が高いとされています。
その驚きの効果を紹介していきましょう。

 

ナリンギンの効果は?

ナリンギンの効果は食欲抑制のみならず、他にも沢山に存在します。

独特の苦味があるため、それが食欲抑制につながるわけですが、他にも毛細血管を広げてくれるため、血流促進作用も期待出来ます。

更に腫瘍形成の抑制やコレステロール値の低下など素晴らしい効果が報告されています。

ただし、果を打その一方で他の薬の効ち消してしまったり、逆に高めてしまうといった特徴も持っています。

有名なところでいえば、睡眠薬などの効果を無効化してしまうといったもの。

ですから、他の薬を服用している方には注意が必要なのです。

 

ナリンギンはどのくらい摂っても大丈夫?

ナリンギンは、柑橘系の果物の中に多く含まれている成分だと言われています。
とはいっても、大体0.03から多くても0.1パーセント程度に過ぎません。

ですから、食欲抑制にグレープフルーツなどを摂取しようとしても、なかなかに無理とは言えないでしょうか。

ですから、基本的には食欲抑制剤やサプリメントなどで摂取するのが一般的です。

それぞれの商品によって摂取量は違いますが、大抵は1日1粒1回から2回というのがスタンダードです。

前述にも紹介した通りナリンギンには、他の薬の効果を打ち消してしまったり、逆に増強してしまうことになるため、飲み過ぎには注意しましょう。

ナリンギンのみならず、サプリメントなどは、早く効果を出したいだとか、より多く効果を高めたいから、沢山飲むという単純な発想をすると、後悔することになりますから、気をつけましょう。